株式会社 龍マニュファクチャリング・アンド・オートメーション・ギアーズ

Dragon Manufacturing and Automation Gears Co., Ltd.

ギアポンプと押出機器関連機器の設計・販売・メンテナンスのことなら 龍M&AG
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室2607番地9
TEL/FAX:048(873)6274 MAIL:info@dmag-pump.com

弊社では、スクリーンチェンジャーをギアポンプの下流に設置することを提案しています。

それにより押出機にかかる余計な圧力を抑え、さらに弊社設計DEXギアポンプと採用することで

押出機全体で30%以上の省エネルギー効果を生むことが可能です。

図-1: スクリーンチェンジャーをギアポンプを挟んで ポンプ保護の為上流にフラットスクリーンチェンジャー、 下流にボルト式スクリーンチェンジャーを設置している

 

図-1

ギアポンプを挟んで、下流にボルト式スクリーンチェンジャーを、

ポンプ保護の為上流にフラットスクリーンチェンジャーを設置している。

スクリーンチェンジャーは、溶融樹脂中の炭化物や未溶融樹脂などの異物をろ過し、製品の品質低下を防ぐ目的で設置されます。また、ギアポンプを傷つけるような大きな固形物を除く目的もあります。

 

従来は、この2つの目的を適えるため、スクリーンチェンジャーをギアポンプの上流にのみ設置していることが多くありました。

 

しかし、弊社では、この2つの目的を分け、①製品品質向上の為のスクリーンチェンジャーをギアポンプの下流に設置し、②ギアポンプを保護するためには、ブレーカープレートにフィルター(#10〜20程度)を取り付けることを提案します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図-2のように、スクリーンチェンジャーが、ギアポンプの上流に設置されていると抵抗となり、押出機自体もある程度の昇圧機能を果たさなくてはなりません。

しかし、押出機は昇圧能力が低いため、スクリーンチェンジャーの為に昇圧をすると余計な発熱を発生させます。そして、必要な押出機吐出圧を得る為に回転数を上げると、樹脂温度が上がり、同時に樹脂粘度が低下するので、容積効率が悪化し、押出機吐出圧を保つために、更に押出機の回転数を上げなければならない状態が発生するなど、エネルギー効率が悪くなります。

 

スクリーンチェンジャーをギアポンプの下流に持っていくことで、ギアポンプに昇圧機能を十分に発揮させ、押出機の吐出圧を抑えることが出来るので、押出機装置の省エネにつながると同時に、樹脂温度の低減安定を可能にします。

 

 

しかし、従来の容積効率の悪いギアポンプでは、ギアポンプのみではダイス及び下流に設置されたスクリーンチェンジャーに充分な昇圧を行えず、スクリーンチェンジャーをギアポンプの上流に設置せざるを得なくなっていました。

スクリーンチェンジャーを設置する場合は、ギアポンプの下流に設け、DEX-GPギアポンプを採用していただくことで、より確実に効果的な省エネを生みます。

図-2 S/C をギアポンプの上流に設置した場合
図-3 S/C をギアポンプの下流に設置した場合

図-3 S/Cをギアポンプの下流に設置した場合

図-2 S/C をギアポンプの上流に設置した場合

株式会社 龍マニュファクチャリング・アンド・オートメーション・ギアーズ(龍 M&AG)は、押出機用ギアポンプの設計、及び押出機関連機器の販売・メンテナンスを行っています。

 

 

サービズ内容詳細はこちら

 

会社情報詳細はこちら

株式会社 龍マニュファクチャリング・アンド・オートメーション・ギアーズ

 

〒336-0911

埼玉県さいたま市緑区大字三室2607番地9

TEL/FAX : 048-873-6274

Mail :  info@dmag-pump.com

 

 

ギアポンプのお問い合わせはこちら

その他各種お問い合わせはこちら